ホーム »» 舞台照明と音響機器のチェックリスト

舞台照明と音響機器のチェックリスト

舞台照明の音も舞台照明の成功を支えています. ステージサウンド照明システムは、ステージプログラムの成功率の決定要因です。. 予期せぬ事態を回避するために、問題のある回線や機器をタイムリーに修理するために、オーディオ機器と舞台照明機器の両方を適切に保守および保守する必要があります。. こちらが舞台照明と音響設備のチェックリストです.

 

1. デバイスのケーシングは充電されています

デバイスのケーシングが電気的検査を受けているとき, 近くの人にショックを与える. したがって、, デバイスケーシングに電気があることが判明した場合, 次の順番で確認できます. 最初, 電源ラインが破損していないか確認してください; 2番目, 線の位相が正しいかどうか; そして最後に, 機器の接地と電圧が正しいかどうか.

 

2. 干渉音を発生させるための検査方法

機器のノイズは主にオーディオ機器に反映されます. 音に明らかなノイズがある場合, それはパフォーマーのパフォーマンスに影響を与えるだけでなく、観客の気分にもある程度影響を与えます. 音響機器の音に異常がないようにすることは非常に重要です.

機器にノイズがある場合, 最初に調光干渉を確認します, 音と照明の電源が切れているかどうか; 2番目, 照明電源と制御ラインがオーディオ信号ラインに近すぎないか、オーディオ機器から離れたシリコンボックスがあるかどうかを確認します状況が近すぎます

 

3. 音場の共鳴とフィードバックをチェックする方法

プロのオーディオ機器でレゾナンスとハウリングが発生した場合, まず、部屋の周波数応答にピークポイントがあるかどうかを確認します; 部屋の構造と装飾が適切かどうかを確認します, クロスオーバーポイントとベースゲインが妥当かどうかを確認するのが最善です, と部屋の残響時間が長すぎるかどうか.

 

4. プロのオーディオシステムで不十分な音量のシーケンスを確認します

通常の状況下で, プロのオーディオ機器の音量が不十分な場合, アンプとスピーカーのラインレベルの設定が正しいかどうかを確認する必要があります, そして第二に, スピーカーケーブルがしっかり接続されているか, アンプとスピーカーの位相が一定しているかどうかイコライザーの減衰範囲は正常範囲ですか, 制限されたコンプレッサーの開始レベルです?

 

5. 制御不能ライトの検査方法

ライトが制御不能の場合, まず、コントローラプログラムに問題がないか確認してください, ランプのアドレスコードに問題があるかどうか, 制御線の接続が正しいかどうか, 制御線のシールドが悪い干渉を受けているのか、それともランプの限界にさらされているのか調整は適切ですか?

 

6. 電球の損傷検査

ステージオーディオ照明で発生する可能性が最も高いのは、電球が簡単に壊れることです, だから問題がある場合, 取り付けられている電球が信頼できるかどうかを確認する必要があります, ほこりや湿気で汚染されているかどうか, そして電球の熱放散が正常範囲内にあるかどうか最終的に, 最後に確認するのは、電圧が正常範囲内にあるかどうか、および電源スイッチの使用頻度が高すぎるかどうかです。.

 

7. ビデオシステムでのビデオ画像の検査

パフォーマンスイベントで, ステージの投影は、ファンが自分のアイドルをよりはっきりと見るためのツールです. 会場が広すぎるので, 偶像との対面の機会はほとんどありません, そのため、ファンはステージ上のLEDディスプレイを通してのみ、アイドルのパフォーマンスをより明確に見ることができます。.

プロのオーディオ機器でビデオ画像が異常な場合, まず第一に, プログラム形式が正しい範囲にあるかどうかを確認する必要があります, 機器のシェルが充電されているかどうか, そして第二に, 信号シールドが高レベルの干渉を受けやすいかどうかを確認します. 投影管が正常範囲内にあるかどうかを確認することをお勧めします, LCDプロジェクションランプの性能に問題がないか.

 

8. プロのオーディオ機器のワイヤレスマイクの音が不安定

ワイヤレスマイクは、現代のパフォーマンスで使用される機器です. ワイヤレスマイクは、ステージ上のパフォーマーの安全を確保し、有線マイクのように簡単につまずかないようにするために、マイクよりも制限されています。. しかし、ワイヤレスマイクはまだ純粋に特定の問題です, あれは, 信号が不安定です, マイクが音を失う可能性があります. ワイヤレスマイクが不安定な場合, 音が不安定な最初のチェック, システム内の高周波干渉源が原因かどうか, またはアンテナ接続エラー, レシーバーの微調整, マイクのバッテリー電源, 等. これは簡単な紹介です, 詳細はこちらをクリックしてください: 舞台照明サプライヤー & メーカー

 


投稿時間: 2020-11-23
今すぐお問い合わせ